母直伝、布マスクの作り方^^

Posted on Posted in 生活&健康&美容
《母直伝、布マスクの作り方^^》
みなさん、こんばんは。
shinobuです☆

先日、母から手ぬぐいの手作りマスクが届きました。
こんな時期なので、とてもとても有難いです^^



SNSやクラスでご紹介させていただいたところ
「作り方を知りたい」というお声をいただきましたので
作り方をシェアさせていただきます^^
とっても使い心地が良いマスクですよー♪

ちなみに、母は、市販の紙マスクを分解して、真似て作ったそうです!


<布マスクの作り方>
【材料】
・布(手ぬぐい、ガーゼ、さらしなど)
・糸
・ゴム(市販の紙マスクのゴムを外して使用)
・ワイヤー(市販の紙マスクのワイヤーを外して使用)


【作り方】
1.縦32cm、横22cmに布を切る。

2.縦に2つ折りにして、中表にして筒状になるように端を5mm〜1cmを縫う。

3.表にひっくり返ししてワイヤーを通し、2つ折りになるようにアイロンをかける。
(ワイヤーにアイロンが当たるのが心配なときは1枚布を被せてワイヤーに熱が伝わりにくくしながらアイロンをかけよう。)

4.ワイヤーを入れた部分を縫う。
(ワイヤーを直接縫わないように気を付けて!針が折れます。)

5.ワイヤーから5cm、4cm、4cmと、2枚重ねの布を2枚一緒にタック(折り目)を入れて、アイロンをかける。
(タックの数や幅はお好みで。縦幅が市販のマスクと同じくらい(約10cm)になればOK。ワイヤーに近い部分のタック幅を大きく取るのがポイント。)

6.左右の端のラインを三つ折りにしてアイロンをかける。
(三つ折り幅はお好みで。横幅が市販のマスクと同じくらいになればOK。)

7.ゴムを左右に1本ずつ、上下の端三つ折り部分に半円状にマチ針で付ける。
(市販のマスクと同じ向きに付ける。)

8.三つ折りのラインを縫う。ゴムの部分は取れないように何重かに重ね縫いして固定する。出来上がり!!!

※ミシンを使って作るときは、三つ折り部分が縫いにくいので、仮縫いしてからミシンがけすることをお勧めします。難しいときは手縫いで作りましょう^^

※洗うときは、ネットに入れて、中性洗剤で洗ってください。柔軟剤などは使わないことをお勧めします。


このマスクだけでも使えますし、マスクの間にガーゼや余った布で作ったガードシート挟んで使うのもお勧めです。
サイズや形は、お好みにアレンジしてくださいね^^

ご参考くださいませ♡